作文との違いを知ることでより書きやすくなる

ロゴ

小論文と作文

小論文は作文ではありません。ですが、小論文と作文をごっちゃにしてしまう人は多いもの。小論文と作文はどう違うのか、小論文なりの書き方を学んでいきましょう。

作文との違いについて

原稿用紙

誰もが悩むところ

小論文を初めて書く場合、誰もが悩みぶつかってしまうのが「小論文は作文とどう違うのか」についてです。逆に小論文の特徴を知り、作文との違いを明確にしていくことでスラスラと書けるようになります。

小論文ってこんなもの

小論文は与えられたテーマに対して、自分の考えや意見をのべ、その理由を論理的に説明していくものです。小論文の目的・ゴールは相手を納得させること。論理がズレていないことが重要になります。

作文ってこんなもの

自分の意見や考えを理由をあわせて論理的に書いていく小論文とは違い、作文は自分の体験や感想を述べるものです。ある事柄を経験しどう感じたか、どう思ったかを主軸として書いていきます。感情の豊かな表現が文章のポイントになってきます。

小論文に求められるもの

小論文には作文のように感情豊かな表現は求められていません。小論文に求められているのは、その事柄について考え、相手を説得させる、納得させるための文章力です。そのため「意見」と「理由や根拠」といった構成で展開されることがほとんどです。

良い小論文に必要なこと

良い小論文を書くためには、何を問いかけられているのかといったことを読み解く「読解力」が必要になります。また、読み手が想像しやすい具体例をあげる「発想力」や自分の意見を相手が納得するように論じていく「論理的思考力」も必要になってきます。