受験に合格する人には特徴があった?

ロゴ

合格者の特徴を知る

勉強

受かりやすい人の特徴

受験に合格する人にはいくつか特徴があります。受験に合格しやすい人の特徴を理解し、自分には足りていないなと思う部分を強化して、合格率を上げていきましょう。

志望動機がはっきりしている

なぜその学校に進学したいのか、なぜその分野に進みたいのかといったことがハッキリしていると評価が上がり受かりやすくなります。志望動機を明確にすることはもちろん、相手の心に刺さりやすい効果的な書き方を学んでおきましょう。また志望動機をハッキリさせておくことで軸がブレることなく合格へ向けて集中することができます。

徹底的に情報を集める

受験する学校についての情報を集めることは受験生であれば誰しもが取り組んでいることではありますが、合格する人は情報を徹底的に集める傾向が強いようです。

学習方法を改善していく

合格する人は自分が取り組んでいる学習方法も常に改善していきます。勉強を進めていくうえで得意分野や苦手な分野がより明確になってくるので、当然といえば当然ですね。

効果的な志望動機の書き方

きっかけには体験談を含める

具体的な体験は読む人や聞く人の目に止まり興味を引く効果があります。また印象に残りやすいといったメリットもあります。その学校で学びたいと思わせるきっかけになった体験談などを含めて書いていきましょう。

自分の言葉を意識して書く

他の人が書いた文を参考にするのは効果的ですが、そのまま使うのは良くありません。どこかから借りてきたような言葉だなという印象を与えてしまいますし、質問されたときに的確に答えることができない可能性も出てきます。陳腐に聞こえるとしても自分の言葉で書くことを意識しましょう。

取り組みについて深掘りする

その学校で何を学んでいきたいのかという点については、その学校の学生や教授の取り組みについて深掘りしていくことでより明確で具体的なものを書くことができます。

その分野の専門家の本を読む

その分野の専門家の本を読むことで、より具体的に書いていくことができるようになります。一冊だけでなく、何冊か読んでみるといいでしょう。何冊か読むことでより理解が深まりますし、どの本にも共通して書かれている事柄があればその項目は重要な項目だということになります。その項目をふまえて書いていくとより効果的な志望動機を書くことができますね。

他の人と比べてみる

例え学校が違ったとしても、友人や知人の志望動機と見比べてみることはとても効果的です。自分の志望動機を公開するのは若干恥ずかしいかもしれませんが、より効果的な志望動機を書くためにも我慢して実践していきましょう。